ラーメンちばき屋

【PR】ちばき屋のラーメンが自宅で作れます

サイトコンテンツ

 

Photo

千葉憲二料理長が開設した葛西最高の東京風味ラーメン屋さん-ちばつき屋へようこそ!うま味がたっぷり入ったシンプルで美味しいスープで知られる醤油ラーメンは、東京で最も人気のある麺料理です。この地域で千葉憲二が作ったような美味はありません。

メニューやベストセラーからレストランへの行き方や連絡先情報まで、ちばき屋について知っておくべきことをすべて知りましょう。その後、きっとラーメンの蒸し丼を食べたくなるでしょう。

ちばき屋と料理長の千葉憲二のすべてについて

ちばき屋は1992年に葛西地区の地元の人々に初めて門戸を開きました。20年にわたる別のレストランで仕事をしたり、訓練トレーニングを受けたりした後、千葉憲二は自分の道を進み、レストランを開設することを決めました。市内屈指の伝統的な和食レストラン「ザクロ」の料理長として、日本料理を専門とする料理の腕をあげました。

現在、ちばき屋は東京中に5つの支店が開設されており、地元の人も観光客も、彼の魅力的な東京風味の醤油ラーメンに抗えないでしょう。澄んだスープに醤油を混ぜたシンプルな麺で、まろやかな味をもたらします。それはあなたが毎日食べられますが、それでも十分ではありません。

ちばつき屋のメニューとベストセラーをご覧ください

ラーメン屋であるつばき屋のメニューはラーメンを中心にしています。また、前菜としてスパムむすび、餃子、エビ餃子、チャーハンも提供しています。

ラーメンなら、支那そば、チャーシューそば、味玉そば、ワンタンそば、ネギそばの5種類からお選びいただけます。これらの料理はすべて同じ醤油汁を使用しており、使用する麺の種類とトッピングだけが異なります。

支那そばは定番のラーメンですが、一番人気のラーメンです。これは地元の人や外国人が通常注文するものです。トッピングにはメンマ、海苔、そして叉焼(1枚入り)があります。

ねぎそばには、そば粉を使った麺が入っています。トッピングとしてもやし、のり、メンマ、叉焼を一枚添えています。

味玉そばはトッピングに半熟卵の煮込みを添えます。ほかには、海苔、メンマ、叉焼一枚もあります。

ワンタンそばは海苔、メンマ、叉焼などの定番トッピングで作られています。ラーメンに含まれるワンタンが特別な物です。

叉焼そばは支那そばと比べて、叉焼の数がより多いです。それ以外に、メンマや海苔などを含む定番トッピングはその他のトッピングと同じです。

ちばき屋の所在地と連絡情報

〒134-0084京都江戸川区東葛西6丁目15−2ステラ・スゴンビル1階に訪ねる場合、ラーメンの美味しさを味わいましょう。