ちばき屋:ラーメンvs他の麺愛し、何度も

ラーメンは間違いなく最も有名な日本料理の1つであり、世界中の何百万人もの人々に人気があり、再現されています。日本の珍味はもともと中国の小麦麺に由来し、1660年代に中国で最初に作られたと言われています。そこから日本に伝わり、何世紀にもわたって人気が高まり始めました。 「ラーメン」という言葉は、「小麦麺」を意味する中国語の「ラーメン」に基づいています。オリジナルの中華麺は、独特の味わいを与える成分であるアルカリ性ミネラルウォーターで調理されました。 

ラーメンちばき屋は、京都で有名なラーメン店です。 1992年に千葉健二シェフが開店し、30年近くかけて麺のレシピを完成させてきました。ちばき屋ラーメンの名物は、焼き豚、ねぎ、海苔など、さまざまな味とトッピングが詰まった醤油ラーメンです。日本のラーメンレストランは通常、レシピを完成させ、顧客に高品質の料理を提供するために数え切れないほどの時間と労力を費やして何年も費やしています。 

ラーメンが特別な理由は何ですか? 

ほとんどの麺愛好家は日本のラーメンの味を愛し、何度も戻ってきます。イタリアや中華の麺とは違う味わいや食感が特徴的な一品だからです。ラーメンが特別な理由は次のとおりです。 

  1. スープVSソース
    -ほとんどの人にとって、麺を考えるときに最初に頭に浮かぶのはパスタ、特にスパゲッティのようなイタリア料理です。ラーメンがこれと違うのは、ソースベース(醤油、味噌、塩味)、スープ、卵、肉など、いくつかの主要な材料で構成された特別なスープです。これらの要素が組み合わさって、信じられないほどおいしい料理を繊細に作り出します。

  2. 特別な材料
    -ラーメンを作るためのもう一つのユニークで不可欠な材料は、小麦粉とアルカリ性溶液または「かん水」で作られた小麦麺です。この要素は、独特の食感を提供し、麺をより硬くするという意味で、ラーメンを他の麺と区別します。

  3. 麺の形
    -世界中の他の麺のレシピは、味、サイズ、形が異なります。これらの麺には、フェットチーネ、ペンネ、ラザニア、ラビオリが含まれます。一方、ラーメンは一種類・形の麺しか作られていませんが、太さが違うだけです。ラーメンの厚さの目盛りは、非常に薄い1.1mmから非常に厚い2.5mmになります。


  4. -ラーメンの魔法はスープベースから来ており、ボウル全体にすべての違いをもたらすことができます。これらのベースは、塩(塩ベース)、とんこつ(豚骨ベース)、味噌(味噌ベース)、および醤油(醤油ベース)です。スープベースにスープ、麺、トッピングを混ぜるとラーメンが完成します。

トッピング
-ラーメンが他の麺と違うもう一つの要素はトッピングです。他の麺やパスタ料理は通常、パセリ、チリフレーク、パルメザンチーズなどのシンプルな付け合わせで締めくくられます。ラーメンのトッピングには、海苔、味付け豚肉、ゆで卵、かまぼこ、ねぎ、メンマなどがあります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *