ちばき屋

己の味覚に正直に・・・ お客様の心に届く一杯を

鶏がらと豚骨をベースに、カツオと昆布、醤油で味を整えた清湯スープ。
それに合わせる細ちぢれ麺、丼を飾る具財のすべてに至るまで、
和食歴二十年で培った味の集大成。

 

今ではあちこちでみかける「半熟煮玉子」も、始まりは
ちばき屋 店主の創案によるもの。

 

味わい清廉にして、潔し。
素材の旨味を最大限に引き出して一杯の丼が完成する。

 

日本人の心に宿る「ラーメンの原風景」、思い出の味でありながら旧さを知らない。
ちばき屋の支那そばは「おいしい」の向こう側にある、
温かでやさしい一杯を目指しています。

※ 以上の文章は、こちらのチラシに書いてあることを書き起こしました

 

→ 実際に作った人のレビューサイトはこちら

成功の秘訣を明らかにすることは、ほとんどの料理長にとって神話です。彼らの秘密の成分は何であるかと尋ねられると、彼らは通常、笑いながら目をそらします。明らかに、彼らの美食を美味しくするものを共有したくないです。彼らの秘密のレシピは彼らの宝物です。これは彼らを競争相手から遠ざける原因となり、その秘密を明らかにしたら、自分弱点を相手に示すことに相当します。

しかし、千葉憲二料理長はそうではないと信じています。実際、彼は彼の有名な東京風の醤油ラーメンのレシピを他の人に共有することに喜んで、料理の製法に関するDVDも撮影しました!低価格のため、好奇心旺盛なラーメン料理長だけでなく、誰でもビデオにアクセスできるようになりました。

「ラーメン道極マニュアル」と呼ばれるラーメン作りの千葉チュートリアル動画は、発売以来話題となっています。有名な料理長として、なぜ彼の秘密を明らかにするのか、人々は興味をそそられました。

動画を見ると、千葉料理長が自分のラーメンの作り方を皆さんに教えるつもりだったのは明らかです。スープを作る際の骨の煮えから、スープの風味のバランスをとる材料の選択まで、彼は明確にラーメン作りのプロセスを説明しました。

ちばき屋の秘訣

スープ

まず、豚の骨かゲンコツと鶏の足かモミジを手に入れます。入手できない場合は、代わりに手羽先を使用できます。

骨を洗い、鍋で煮ます。表面に浮かぶスカムを取り除きます。それらはファンキーな味があり、あなたのスープの色に影響を与えます。ねぎを入れて3時間半煮ます。

動画では、千葉料理長が「愛情を込めてスープを育てる」と語っています。スープの製造プロセスには約1日かかるため、これは真実です。

叉焼

叉焼を作るには、豚肩ロースが最適です。それをきつく巻いて、肉を固定するためにひもで締めます。にんにく、しょうが、ねぎを鍋に入れて沸騰させます。こうすると、叉焼が口の中でとろけるように柔らかいです。

鍋の水を醤油に入れ、茹でた叉焼を入れます。完全に色が変わるため、ソースに浸してみましょう。

千葉料理長は醤油に漬け込んだ半熟卵をラーメンにのせることを思いつきました。今ではラーメン料理の定番となっています。この動画では、完璧な半熟ラーメンの作り方も教えています。沸騰時間を分単位ではなく秒単位で測定することが重要です。

市販の麺ならどれでも使えます。沸騰したお湯でそれを調理してから放置します。

準備

麺が沸騰する30秒前に、スープと醤油をボウルに入れます。ゆで麺、ご希望のトッピング、出来上がり!これで、自分なりのラーメン料理を作りました。